商品ラインナップ 安全へのこだわり アキタのたまごをつくる人 アキタを選ぶ理由 品質管理について
アキタのたまごをつくる人

トレーサビリティーシステムとは?

たまごの生産履歴がここまでわかる!

最近スーパーなどでもよく見聞きするようになった、トレーサビリティーシステム。これは、モノの生産から販売まで全工程の過程を明確にさせ、消費者がいつでもその履歴を追跡できる品質・安全管理上のシステムです。アキタのトレーサビリティーシステムは、さらに徹底した「完全直営一貫生産システム」と「アキタ式HACCPシステム」のもと、たまごの生産工程のすべてを記録。いつでもどこからでも把握できるように整備しています。

トレーサビリティー検索はこちらから

「げんまんE」や「ニューぴあっこ」などのパッケージにある、アルファベットからはじまる7桁の番号。これを、専用サイトの「トレーサビリティーコード」の欄に半角英数字で入力するだけで、「このたまごはどんな親鶏から生まれ、どんな飼料を食べ、どんな飼育をされてきたのか?衛生管理やサルモネラ(SE)対策はなされているのか、その検査結果は?」といった詳細な生産履歴を、簡単にチェックすることができます!

7桁の番号(トレーサビリティーコード)を入力すると、まず最初にわかるのが、生産農場と生産者、商品の特徴がわかる画面になります。たまごの基本的な履歴情報ですね。
そこから、さらに詳細な情報を知りたいみなさんは、次のステップへ!

サルモネラ(SE)対策の情報

生産工程の25段階すべてでSEチェックする、その様子が一目でわかる!

鳥インフルエンザ検査結果

すべての生産農場で必ず実施されているAIモニタリングの報告です。

飼料について

自社で作っているから原料のトレースバック(追跡)までできちゃいます!

親鶏やふ化について

たまごを生む鶏の親鶏からすべて自社で保有・飼育するアキタならでは!

栄養成分について

(財)日本食品分析センターによる栄養成分の分析結果が確認できます。

衛生管理について

たまごを包装するGPセンター(洗卵選別包装工場)からのレポートです。

このページのトップへ

ホーム商品ラインナップ安全へのこだわりアキタのたまごをつくる人アキタを選ぶ理由品質管理について

サイトマッププライバシーポリシー