商品ラインナップ 安全へのこだわり アキタのたまごをつくる人 アキタを選ぶ理由 品質管理について
アキタのたまごをつくる人
安全へのこだわり安全へのこだわりIndex
生産の仕組み安全衛生管理 鶏の健康管理鳥インフルエンザ対策サルモネラ対策

全鶏への予防ワクチン接種と定期的な血液検査でサルモネラ感染(SE)を未然に防いでいます!

安全性と有効性が世界で最初に認められた鶏用サルモネラ(SE)ワクチン「レイヤーミューンSE」を、1998年日本国内での認可後いち早く導入。日本で初めてSE汚染の根本的解決に成功しました。たまごのパッケージに貼られた「厳格仕様・サルモネラ対策ずみ」のラベルは、伊達ではないのです。

すべての鶏に接種する予防ワクチンは安全保証済み

鶏用サルモネラワクチン「レイヤーミューンSE」は、鶏の体内に抗体を作る不活化ワクチン。サルモネラ(SE)への抵抗力が強い元気な鶏を育てるためには、不可欠なものです。ワクチン成分はたまごに全く移行しないので、安全性にも問題ありません。

業界をリードするパイオニア的存在

SE問題の重要性をいち早く欧米の先進事例から学び、その対策を「急げ!」と業界内外に警鐘を鳴らし続けてきた、アキタ。「CAFラボラトリーズ」を設立し、1998年に農林水産省より、SEワクチン「レイヤーミューン SE」の日本国内における販売認可を受け、2001年には、アキタが開発したSEの抗体検査試薬である、「CAF-SE エリーザ」の製造販売の承認も受けている。業界をあげてSEの撲滅に取り組むトップランナー企業として、アキタは日々精進しています。

鉄壁のバイオセキュリティ対策を維持

安全と品質を徹底管理する独自の“完全直営一貫生産システム”のもと、おいしいたまごを食卓にお届けするまで、全工程を25段階で安全管理していく“アキタ式HACCPシステム”で、徹頭徹尾、サルモネラチェックをはじめとする衛生と品質の徹底管理にこだわっています。

SE(サルモネラ)とは?

 サルモネラと呼ばれる細菌には、2,000種類以上の種類(血清型)があり、鳥類をはじめとする多くの動物等自然界に広く分布しています。SEはその中の一つで、ヒト(特に、幼児、老人、病中等抵抗力の低いヒト)が感染すると死亡を含めた重篤な食中毒の原因となります。
 SEによる食中毒は、1985年頃から欧米で爆発的に大発生したのをキッカケに、日本でも発生が急増しました。SEによる食中毒が大発生した原因は、卵がSEに汚染されていたことにありました。
 したがって、SEによる食中毒をなくすには、SEに汚染された卵をなくすこと、即ち、鶏をSEの感染から守ることが最も有効な手段となります。
 この目的のため、アキタでは、全鶏群へのSEワクチン接種を含めたHACCP方式によるサルモネラ対策を実行すると共に、品質と履歴の保証できる自農場の卵だけをパックすることを忠実に実行しています。

このページのトップへ

ホーム商品ラインナップ安全へのこだわりアキタのたまごをつくる人アキタを選ぶ理由品質管理について

サイトマッププライバシーポリシー